サル顔 洋蘭原種 ドラキュラ、オリエンタリス下北で販売中

nakaorch-img600x450-14460917103lnkua5684.jpg
(増殖中に付き販売休止中)

以前はMasd.属の一部であったが、1978年に分離、ペタルはごく小さく、先が2枚貝状になる、リップはお椀状になり、キノコの傘裏のような脈が放射状に入る。
 おもにコロンビア、エクアドルの雲霧林に自生してる。クールタイプで低温に強いが夏の暑さには弱く、冷房を入れるか、 山上げ(高原の涼しい場所に持って行く)しないと栽培できない。
 属名は「小さな竜」「双翼の怪獣」の意味だが、 吸血コウモリを思わせる花姿からDracula伯爵にちなむとも言われてる。(大輪の品種は、日が当ると元気が無くなる。)
 この仲間なんとなく好きで、小輪の花はなんとなくサルの顔に見えてくるし、大輪の花は色々な表情をした人の顔に見えてくる。 属名は恐ろしい名前だが、花を覗きこんで見ているとなんとなく癒される!


元祖シラネアオイの里 代表の山崎氏は地元では知らない人がいないぐらいの有名人。
趣味から始めた山野草栽培はその後、独学で和製ランの栽培に成功したことが、朝日新聞等々で取り上げられ一躍脚光をあび、問い合わせが殺到!!
毎年開かれる、展示即売会は常に満員状態です。
毎年濃色八重咲きシラネアオイ 斑入りヤマシャクヤク 素心クマガイソウ 展示販売
お問合せ
〒035-0022
青森県むつ市大字関根字北関根56
代表:山崎 伊佐次郎
電話 090-4312-2050

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する